2016年04月09日

パナ文の波紋

*【ケント・ギルバート×青山繁晴】パナマ文書が生む血の粛清!?
https://www.youtube.com/watch?v=RKbfvVFQ-Ew

* 22 上村雄彦×共同通信・澤康臣×三木義一×荻上チキ 「パナマ文書の衝撃!タックス・ヘイブンの実態〜そしてグローバル・タックスの可能性とは」2016.04.05
https://www.youtube.com/watch?v=JX1utCugTa4&nohtml5=False
ちょっと長いけど専門家が出てくるので
興味がある人は時間がある時に見てもよいかも。

*「パナマ文書」にJALや電通が載っているという情報はデマ
はてな村定点観測所さんのページ
http://hatena.city/entry/2016/04/10/041802
メーカ名なんかの情報源が不明だったのでこれで,スッキリした感がある。
posted by Copyright (C) avrin All Rights Reserved. at 21:03| Comment(0) | パナ文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

パナ文について 2016/04

パナマ文書とは?日本人&日本企業リストの影響と報道しない理由
http://arcanaslayerland.com/2016/04/07/panama-papers/
マスコミも政府もやる気なさそうな現在,上のページは比較的分かり易い感じ。
どうなるかはアレなんだけど,
自分的なポイントは,
情報が漏れた
"法律事務所『モサック・フォンセカ』"
は,確か世界第3位くらいの規模の会社であること。
てことは,
まだ,世界1位と2位の会社に税金逃れしてる企業や個人が

もっと,もっと,もっと,もっと,もっと,も一つもっと,大量に存在するということ。
そっちも気になるのだった。
orz

今年は "パナ文Year" になるのか?

疑問:
上の解説によれば,一見全然関係ないペーパーカンパニーを設立してとか経由して
とかあるけど,リスト上にはダイレクトに企業名や個人名が出てきている。
そんなバレバレなやり方を本当にするのだろうか。
:D



「パナマ文書」問題がアメリカでは大騒ぎにならない理由
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2016/04/post-824.php

パナマ文書はどうやって世に出たのか
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/04/post-4850.php
posted by Copyright (C) avrin All Rights Reserved. at 22:55| Comment(0) | パナ文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする