2011年12月15日

WIZ820io これ以上小さくできない EtherNet module (2)


久しぶりに苺をのぞいたら、
WIZ820io これ以上小さくできない EtherNet module
のブツが苺で1680円で販売開始になっていて驚いた。
苺さん、やるね。
小さいので多分購入する。

ピンの間隔が800milなのでブレッドボードに差すと、片側2個、もう片側1個の
空き端子になるのですこし窮屈。

電源は3.3Vで120mA流れる。端子は5Vトレラント。

WIZnet組み込み用イーサネットモジュール WIZ820IO
http://strawberry-linux.com/catalog/items?code=36018

資料:
Arduinoで使うときのライブラリ差分がここにある。
http://www.wiznet.co.kr/Sub_Modules/en/library/Newsletter_View.asp?PK_NUM=96
秋月のArduinoボード持っているので、買ったらブレッドボードシールドに載せて、
瞬時にイーサネットざんまいの予感。(爆(爆
(注)3.3Vで120mA必要なので秋月のArduino基板そのままでは無理。
   うちのは、改造してあるので大丈夫。
   Arduino: 秋月のAE-ATmega基板 2011/08


英語のデータシート
http://strawberry-linux.com/catalog/items?code=36015

本家Wiznet
http://www.wiznet.co.kr/Sub_Modules/kr/product/Product_Detail.asp?cate1=5&cate2=42&cate3=0&pid=1160#tab
posted by Copyright (C) avrin All Rights Reserved. at 23:39| Comment(0) | Ethernet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

WIZ820io これ以上小さくできない EtherNet module

究極的に小さい。イーサーモジュール。


http://www.wiznet.co.kr/Sub_Modules/kr/product/Product_Detail.asp?cate1=5&cate2=42&cate3=0&pid=1160



以下のWIZ812MJからパラレル・バス接続をなくした物と予想する。
http://strawberry-linux.com/catalog/items?code=36003

プロトコル・スタックをハードウェアで持つので、よく似たマイクロチップのものより性能は
良いはず。
2.54mmピッチなのでブレボに普通にささる。

苺で取り扱ってほしいね。

Maple mini で動いている様子。
http://leaflabs.com/2011/10/wizzin-through-the-ether-net/
posted by Copyright (C) avrin All Rights Reserved. at 00:02| Comment(0) | Ethernet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

UEW配線/ピンヘッダソケット加工






UEW配線マイブーム到来か!!

今回、初UEW配線だ。
0.26mmのUEW線とカプトンテープを去年末に共立で買ったまま放置だった。

大した配線じゃないけど慣れないので通常の数倍の時間がかかった(^^;
uew-board-side-b.jpg
uew-board-side-a.jpg
wiz812mjベースボードのできあがり。
w5100-base-boad.jpg
裏面の配線がスッキリしていてよい。

最大の難関は

「任意のピン数にピンヘッダソケットを切ること」

と予想していたがこれは超簡単だった。(1列もの)
2列ものはどうなんだろう。

ブレッドボードに差さらないタイプのブツ(各種CPUボード等)は
ベースボードを作らないとどうしようもない。
が、ベースボード作りが結構大変だったりするのだ。

結局、雑誌付録のLPC2388基板はベースボードがないので
そのまま放置状態なのだった。

で、
カプトンテープ。
これはかなり絶妙な物(ブツ)だ。
粘着性、柔軟性などUEW配線と相性が良い。
ちょっと高いけど必需品かも。


今後はUEW配線でLCD関係の基板を配線したり
面実装型マイコンもやってみるのだ。
posted by Copyright (C) avrin All Rights Reserved. at 00:06| Comment(0) | Ethernet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする