2020年12月08日

Clang/LLVM: ARM 無料のTI製 Clangコンパイラのメモ 2020/12

Clang/LLVM: ARM 無料のTI製 Clangコンパイラのメモ 2020/12
はじまり
    なんとTIが無料のARM用 Clang/LLVMコンパイラの提供をはじめた様です。
    情報がほとんどないので結構最近のことでしょうか。
    Arm(R) コード生成ツール:コンパイラ 
    上記ページの「ARM-CGT-CLANG-1」というのがそうです。
    コンパイルからリンクまで全部Clang/LLVMで完結するタイプです。(gcc不要)
    ただのコンパイラなのでTI以外のマイコンでも当然使えるはずです。(^^;
    リンクサイズ制限などの記述も今のところない感じです。

    MDK-Armと同様にTIもそれまでの自社製コンパイラを捨ててClang/LLVMに乗り換えた。。。
    というのが、ここまでの遭遇結果。xD

    特徴:(2020/12 現在)
        (1) ダウンロードとインストールに一切 登録不要。 最近では劇的に好印象!
        (2) コマンドラインツール。
        (3) Windows 64bit, MacOS, Linuxのインストーラ付き。
        (4) ライブラリは浮動小数点あり、なしのマルチlib構成。
        (5) 標準ライブラリはTI謹製のソースコード付きライブラリ。(軽量かどうかは不明)
            newlib-nanoに相当する軽量版はない様だ。
        (6) 対応マイコン:
                Cortex-m0(+)
                Cortex-m3,m4
                Cortex-R4,R5
                https://software-dl.ti.com/codegen/docs/tiarmclang/rel1_0_0_sts/tiarmclang_ug/tiarmclang-portfolio/getting_started_guide/supported_arm_processors.html
        (7) ターゲットが決まっているので、--target=[TRIPLE] 指定が不要。
        (8) コマンド名が「clang」ではなく、
            tiarmclang の様にtiarm+[コマンド名]という見慣れない表記。
            本家版と混乱しない様にしてある。
        (9) インストール容量が160MBと、非常に軽量で好印象。
                   (gcc-armは 670MB)

TIのマイコン持ってないけど、違うマイコンでちょっとお試しで使ってみようと思います。(^^;




posted by Copyright (C) avrin All Rights Reserved. at 22:53| Comment(0) | ARM系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。