2017年12月29日

Visual studio codeのメモ 2018

Visual studio code 1.19.1 が現在のバージョン。
以下vscodeと書く。
一年ぶりくらいにアップデートして起動だけしてみた。 :-)
Pros:
* プラグインの検索、インストール、無効化、有効化、
オプション設定のしやすさは非常に簡単で好印象だった。
* Vimのキーバインドは結構使えそうな感じ。 (^^)/
* プラグインの数(各種言語サポート)が増えていて、なんかスゴ。
* コンパイル時のターミナル統合感が自然で良い。
* IDE風に使えそうなんだけど、IDEじゃなくてエディタ。
* DVCS統合もできる。
* マルチプラットフォームなのは良いかも。

Cons:
* vscodeのウインドウにファイルをD&Dできない orz orz
* デフォルトで画面分割が縦分割になる orz
一応 ALT+ shit + 1 で切り替わる。
縦横混在の分割は?
* 各ウインドウのタイトルバーやタブ部分の大きさががやたらでかい。

違和感がある点:
ファイルを修正変更して未保存でvscodeを終了できる。
再起動すると変更中状態から始まる。
オプションで挙動の変更は可能と思われるが、ちょっとじゃないくらいの
違和感があった。 orz

(1) vscodeで未保存終了する。
(2) そのファイルを他のエディタで変更保存する。
(3) vscodeを再起動すると、 (2)内容が反映されていない。
orz
orz
どうしてデフォルトでそんな風にしたくなったのか謎。
マルチコミット対応なのかも。
きっとそうだ。
そうに違いない。













posted by Copyright (C) avrin All Rights Reserved. at 22:44| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。