2015年06月25日

Arduino UNO互換: 16bitマイコン ML620Q504搭載 Lazurite出る

Arduino UNO互換: 16bitマイコン ML620Q504搭載 Lazurite出る
* 電子工作向け、超省エネマイコンボード
トップページはここか。
http://www.lapis-semi.com/lazurite-jp/product/basic.html#feature
 値段は5600円。 

「 Lazurite (ラズライト) Basic (ベーシック) 」を開発
 Arduino (アルドゥイーノ) 互換で待機時電力を90%削減し、
電池駆動の電子工作に最適 ?
http://www.lapis-semi.com/jp/company/news/news2015/r201506_2.html?utm_content=17240025&utm_medium=social&utm_source=twitter

関連ファイルダウンロード
http://www.lapis-semi.com/lazurite-jp/download.html
開発言語はC言語ベース
http://www.lapis-semi.com/lazurite-jp/product/basic.html#feature_aru

* マイコン仕様
マイコン発表時のニュース  
http://www.lapis-semi.com/jp/company/news/news2014/r201409_3.html
64KB Flash + 6KB RAM(ML620Q504)
EEPROMは1KB搭載

詳しいマイコン仕様がダウンロードできない。
レジスタアーキテクチャとか命令表とか等々の資料。
マイコン自体は2014年12月に量産開始されているはずなのに。
http://news.livedoor.com/article/detail/9291885/
どうもなんだかアレな感じが否めない。
ハード仕様
http://www.lapis-semi.com/jp/data/datasheet-file_db/miconlp/FJDL620Q504-01.pdf
以下のページのドキュメントをクリック。
http://www.lapis-semi.com/jp/semicon/miconlp/hp-mcu.html
SWI(ソフトウエア割込み 64個)機能付きの様だ。

IDEでコンパイルしてみるとアセンブラファイルを吐いたので見てみると
少なくとも汎用レジスタが14個ある。
16bit固定長命令なのでPIC24Fよりコード効率が期待できそうか?
PIC24FはFlashに定数定義するともったいないことになる。

* 感想
発見されたばかりなので全くアレだけど。
C++言語ではなくC言語で開発する様だ。
(PinguinoもC言語だ)
IDEも独自開発ぽい。
IDEはエディタ非搭載だ。そう言うのはIDEとは言わない気がする。:D
ArduinoでもIDEのエディタ使わないからいいんだけど、省略しすぎ感がなくもない。
16bitで乗除算、積和演算付きのマイコン。
16MHzで16MIPSだろう。
ライブラリライセンスは、GPLとLGPL縛り。

値段的にはArduino UNOじゃなくてCortex-M0と比較するのが妥当かも。
性能的にはちょっと可哀想か。




posted by Copyright (C) avrin All Rights Reserved. at 00:00| Comment(0) | duino系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。