2015年03月14日

Arduino分離訴訟事件:Arduino Zero Pro and without Pro

Arduino分離訴訟事件:Arduino Zero Pro and without Pro
以下の「マイコン工作実験日記」さんのブログを見て驚いた、

SAMD21
http://blog.goo.ne.jp/sirius506/e/502d01e2266a4a32e6fb0bbc7e896fdd

のが、はじまり。

* はじまり
そう言えば、
「Arduino Zeroはまだ出ないな〜ぁ。
もうい〜や。mbedあるし、安いし。」
と思っていることさえ
忘れていた今日この頃。

知らないうちにArduinoプロジェクトが仲間割れ xD して訴訟沙汰になってた。(w 

Arduinoは大混乱に突入なのか!?
現在Webサイトは2つに分かれている。
http://www.arduino.cc:
    以前からあったサイト。
    「Arduino Zero」は下記の騒動でまだ発売できないと思われる。
    後述の様にAruduinoの基板製造担当会社が独立してしまって、そこと訴訟をやってる訳だし。:D
http://arduino.org 
    最近分離独立してできたサイト。
    ここで「Arduino Zero Pro」が既に売り出されているらしい。
    元々、Arduinoの基板製造を担当していた会社がベースになっている。

* 混乱の経緯と現状(2015/03時点)
詳しくは、原文をどうぞ。
Arduino Zero Pro Released Amid Legal Dispute 
http://www.i-programmer.info/news/91-hardware/8369-arduino-zero-pro-released-amid-legal-dispute.html
以下、概要をメモしておく。
2009年より前は省略。
---------------------------
2009年にマッシモ・バンジーを含む5人がアメリカで「Arduino LCC」を立ち上げ、
Arduino商標の法的な所有者となる。

2014年に 一人分離。
分離したGianluca Martino氏は Arduinoボードを製造している会社"Smart Projects SRL"の社長だったが、
この会社名を「Arudino SRL」に変更した。
さらに、Aruduino Yunの開発に貢献したDog Hunterという会社(IoT系)の社長も引き入れた。
現在、商標権とその使用を巡ってアメリカとイタリアで訴訟中である。
---------------------------






posted by Copyright (C) avrin All Rights Reserved. at 00:00| Comment(0) | duino系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。