2014年06月15日

python-on-a-chip(p14p)((pymite))のオンライン・コンパイラ (^^)/

2014: Vim超入門者が最初にすべき10の設定 メモ
va009039さんがすばらしいものを作ってくれました。
マイコンのプログラムがPythonコードで書けちゃいます。

va009039さんの日記 
Nucleo F401REでpython-on-a-chipを動かす
http://va009039.blogspot.jp/2014/06/nucleo-f401repython-on-chip.html
オンラインコンパイラ
https://bitbucket.org/va009039/pymbed
見つけたばかりなんだけど、
コンパイルが一瞬で終わって、目が点になっちゃいました。
なんかすばらしい印象です。

* オンライン・コンパイラ・メモ
(1)プログラムの一番最後に、改行のみの行が必要です。
(2) Python特有の行頭のインデントはTAB文字かスペースで、
    混在しててもいいような感じです。(詳細未確認)



* python-on-a-chipの名称についてのメモ
正式名称のフル版: python-on-a-chip
正式名称の省略版: p14p  (上記 「p」と「p」の間に14文字あるから)
昔の名前: pymite

* その他のメモ
Pythonじゃないんだけど、mruby。
mrubyもこういうオンライン・コンパイラあると気軽に試せて
おもしろいと思う。
一気に注目浴びちゃうね。

* p14p開発状況のメモ
正式ページ
https://code.google.com/p/python-on-a-chip/
更新が2011年で停止している様に見えますが、
v09系はGPLライセンスに移行し、開発は事実上停止しています。
(一部メンテナンスはごく希に行われる)
現在は「v10系」に移行し、上のページではよく分らない感じですが、
Mercurialのリポジトリベースで最新版を取得可能です。
難しいポイント:
p14pはPython2.6にしか対応していなくて、特にLinuxの場合、
現在Python2.7ベースのシステムが多いこともあり、Python2.6の導入が難しい状況です。
従って、そこが参入障壁になり微妙にユーザが増えない原因の一つと思います。
オンライン・コンパイラならそういう点が気にならないのが大きなメリットだと思います。





参考:
PyMite: Pythonでマイコン制御(2)マイコン編
http://avr.paslog.jp/article/1585446
PyMite: Pythonでマイコン制御(1) 導入編
http://avr.paslog.jp/article/1547733.html


posted by Copyright (C) avrin All Rights Reserved. at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hello,

I am a developer from China. I am tracing p14p for mbed, which leads to your web page in mbed. Since Dean Hall stop supporting his project, now you are the project leader for p14p, especially for mbed world.

Recently I am writing a book for PHEI (Publish House for Electronics Industry) in Beijing, China. I prepared a dedicated chapter for embedded Python VM, including pymite for mbed, viper, and micropython. which are all open source projects.

Since it is very difficult for Chinese engineer to access appspot and other services like github/bitbucket. pymite is not very popular in China. But micropython is very popular.

Actually I want to ask your help on specific topic. When I import your library in mbed, and export to Keil MDK to debug the code, it stops and it doesn't find user code. I want to give a step by step tutorial in my book, therefore I have to contact you directly. I hope this blog belongs to you. If I can not get it work, then pymite content will be minimized since it lacks of support, and no real demonstration in real product.

Yours sincerely

Allan K Liu
Posted by Liu,Kai at 2016年07月07日 11:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック