2011年02月13日

eLua: Ver0.8 出る

2011/02/02にeLua: Ver0.8がリリースされていました。

eLuaもsvnからgitに変更するとアナウンスされていました。(Forumで)
(https://lists.berlios.de/pipermail/elua-dev/2011-February/001991.html)
自分が遭遇したプロジェクトが「DVCS(分散型バージョン管理システム)」に
次々に移行していく様(さま)を目の当たりにしているのだった。
PyMite → Mercurial(2010/10)
SCons → Maybe Mercurial(2011〜)
eLua → git(2011/03/01) : https://github.com/elua/elua
オープンソース界の大潮流になっていることは間違いなさそうだ。

で、eLua: Ver0.8
http://www.eluaproject.net/
リリースしてまだ10日くらいで、発見したのが昨日なので
アレだけど、ざっくり書くと

1,リモートファイルシステム(RFS)
  パソコン上のファイルをUART経由でマイコンからアクセスできる機能。
  "eLuaスクリプト"をPC上のエディタで普通のファイルとして
  編集すると、それがそのままマイコンからファイルとして
  "アクセス、実行"ができるようだ。
  編集・uploadがシームレスにできる感じ。
  Good Job !

2,シリアル通信の多重化利用(serial multiplexer)
  一つのシリアルポート(UART)を複数のシリアルポートとして
  使ってしまおうという機能。
  上のRFSを使うときに必要。
  これも便利そう。標準出力・標準エラー出力で出力先を
  分けたり、いろんな用途に使えそう。
  パソコン側に支援ツールが必要(com0com等)

3,Luaレベル・C言語レベルの割込みハンドラサポート
  詳しく読めてないけど、優先順位付きで割込みがキューに
  貯まって、そのキューを"バイトコード2つ処理する毎に"
  見に行って処理するらしい。

4,LPC1768/mbedボード・サポート
  mbedボードが正式対応になった。
  2011年中には「LPCXpresso」も対応になると予想するも、
  128kbyte制限があるので無視される可能性も。(爆

  AVR32 UC3Bにも対応したようだ。

5,eLua shellにヒストリ機能が付いた。
  この機能、前からほしいと思っていたので、Nice Job !
  便利になるね。

と、上記は試したわけじゃないので、使い勝手やパフォーマンスは不明。

でもeLuaプロジェクトってパワーあるね。
どんどん便利になっていく。


Web Builderにも「mbed」が追加されている。
http://builder.eluaproject.net/
mbedの場合はファイルシステムとして「Semi FS」が使えるようだ。
あと、選択できないものの、
「Netduino」も思わせぶりに選択肢に存在した。
Netduinoボードでひとまず動かすのは簡単そうな気がする。(オントカヨ
(AT91SAM7X256は対応済みだから)

http://wiki.eluaproject.net/Boards
↑のページによるとLPCXpressoは今後のサポート候補にあがっている。

Netduinoは現在インポート進行中のようだ。
http://elua-development.2368040.n2.nabble.com/Porting-elua-to-the-Netduino-dev-board-td5842340.html

LeafLabs - Maple Native も候補にある。
Maple miniはいまのところない。





参考:

eLua フォーラム:
http://elua-development.2368040.n2.nabble.com/eLua-Development-f2368040.topics.html
【関連する記事】
posted by Copyright (C) avrin All Rights Reserved. at 12:00| Comment(0) | eLua | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。