2009年06月16日

AVR: ATROS/(PICROS)を試す(3):ソフトA/D変換タスクを実装してみる

次はソフトA/D変換タスクを実装してみる。

「ソフトA/D変換」て変だけどコンパレータ使って6ビット精度くらいで
使うヤツのことです。アップノートにあるやつ。

A/D変換はtiny26系/45系列にはあってtiny2313にはないなどホントに変な
製品構成だと思いますよ。ATMELさん。
しょうがないんだけど。

アップノートの
「AVR400: Low Cost A/D Converter」。

80バイトくらいでできるらしい。

ほんの少しアップノート読んでみたけど充電用コンデンサのちょうどいいのを
持ってないのでダメっぽい(オイ


posted by Copyright (C) avrin All Rights Reserved. at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | PICROS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。